希望職種がはっきりしている人は、レジュメに勤務実績や成果を具体的に書く

志望業界の担当者に自分の魅力を売り込もう

転職アプリは、今や求人検索のために使うだけでなく、志望業界の担当者にアピールをするためのツールとして捉えられるようになっています。特に、様々な業界で長い経験がある人や、難易度の高い資格を持つ人は、転職アプリのレジュメの書き方をマスターすることで、優良企業から直接オファーをもらえる可能性が高まります。そのため、希望職種が決まっている場合には、アプリを通じてキャリアコンサルタントなどに相談をしながら、早い時期にレジュメに勤務実績や成果について具体的に記載をしておくことがおすすめです。また、レジュメの公開範囲については、アプリの利用者が自由に設定することができるため、興味がある業界の求人だけを集中的にチェックすることが可能です。

転職アプリに備わっている機能の種類を確認しよう

転職アプリは、ネット上で多種多様なものが出回っていますが、転職活動に便利なものを見極めるうえで、それぞれのアプリに備わっている主な機能の種類について確認することがおすすめです。例えば、求人担当者と直接アポイントメントが取れるものや、採用試験の前に転職セミナーや職場見学会の参加申し込みができるものは、様々な業界を目指す求職者から注目が集まっています。また、注目の職種について、コラム形式で詳しく紹介が行われているアプリについては、希望職種が決まっていない人にぴったりです。なお、転職アプリには無料のものと有料のものがあるため、転職活動のモチベーションに合わせて適切なものをダウンロードしてみると良いでしょう。

人生をより充実させるため、キャリアアップに取り組む人は少なくありません。転職を考えるほか、会社内での転籍により実現できるケースもあります。